抱っこ型の安心度、安全性について

新生児〜体重10kg未満の赤ちゃんを乗せる時は、
車が進む方向に対し、後ろ向きで使用します。

背もたれの角度を45度前後に設定して取り付けるため、
まだ首が据わっていない赤ちゃんの首が前倒れしたり、
お腹を圧迫することがなく呼吸を妨げることがないからです。

後ろ向き45°に取り付けることで、
頭部から背中にかけて体重を支え、
万一の事故の衝撃を、体全体で分散して受け止めることが可能です。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。